<羽生結弦>祝賀パレード、絶大な経済効果18億円 剰余金2200万円は全額寄付へ

平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を果たした仙台市出身の羽生結弦選手(23)=ANA、宮城・東北高出=の偉業をたたえ、同市で4月に開催した祝賀パレードについて、実行委員会は30日、宮城県内への経済効果が18億5000万円に上るとの推計を発表した。収支決算見込みは2204万1883円の剰余金が発生。全額を県スケート連盟に寄付する。

 パレードには宮城県内外から10万8000人が集まった。経済効果は来場者の飲食、宿泊、応援グッズ購入などの直接効果が11億4000万円に上った。グッズ製作など各産業への波及効果は7億1000万円。

 グッズはTシャツ8万枚、ラバーバンド1万組を完売。沿道のホテルが満室になり、飲食店に人があふれた。杜の都を熱狂させた「ユヅフィーバー」が経済面でも大きなインパクトを残したことを裏付けた。

 携帯電話の電波受信情報から得たビッグデータに基づき、県内からの来場者が8万3000人、県外は2万4600人、国外からは400人と推計した。県外来場者の半数が宿泊したと見込んだ。

 収支決算見通しでは、収入が約2億1800万円で、内訳はグッズの売り上げが約1億7650万円、企業協賛金約1890万円(8社)、寄付金約2250万円(6653件)だった。支出は警備費など約1億9600万円。

 羽生選手側と相談し、県内のスケート選手の強化・育成などに活用してもらえる寄付先を決めた。2014年ソチ冬季五輪後のパレードでも剰余金約740万円を連盟に寄付した。

 実行委会長の伊藤勝也仙台市文化スポーツ部長は「経済効果の大きさが明らかになり、改めて羽生選手の偉業に驚いている。多くの方に応援してもらい、グッズ販売や寄付も予想を上回った」と話した。

 剰余金は郡和子市長が12月16日、泉区のアイスリンク仙台で行われる「第1回仙台市長杯フィギュアスケート競技会」で、主催する県スケート連盟の赤間弘記会長に寄贈する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック