サイン盗みの議論も=GM会議が終了―米大リーグ

米大リーグのゼネラルマネジャー(GM)会議が最終日を迎えた8日、大リーグ機構の最高法務責任者(CLO)ダン・ハレム氏が記者会見し、今回の会議では電子機器を使ったサイン盗みへの対応などについて議論したことを明かした。

 サイン盗みに関し、ハレム氏は「これには時間をかけたし、いい提案をもらった。電子機器を使ったサイン盗みはルールで禁止されている。各球団に、よそのチームがそういうことをしていないと安心させることが大事だ」と語った。

 10月のア・リーグ優勝決定シリーズでは、アストロズの球団職員がカメラマン席から相手チームのレッドソックスに不正がないか監視していたところを警備員に連れ出され、アストロズ側のサイン盗み疑惑に発展した騒動があった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック