警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘルシンキはなぜ羽生結弦に沸いたのか? 現地紙特集「彼はとても礼儀正しく魅力的」

<<   作成日時 : 2018/11/07 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

“ユヅフィーバー”に衝撃を受けた現地紙が特集
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は羽生結弦(ANA)が合計297.12点の今季世界最高点で優勝した。史上初めて4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーションを決めたことと共に、3000人を超える日本人ファンが現地まで駆け付けていたことも話題を呼んでいる。ヘルシンキで沸き起こった“ユヅフィーバー”に現地紙が迫っている。

 日本人ファンの大歓声が降り注ぐ、まるでホームのようにリンクで世界最高点をたたき出した王者。フィンランド紙「イルタ・サノマト」は「3500人もの日本人サポーターがアイドルを追ってヘルシンキに飛んだ」と熱狂ぶりを伝えている。

「週末には、ヘルシンキでスケートGPが行われた。2度オリンピックと世界選手権を制しているハニュウは多くの点で世界最高のスケーターであり、世界で最も人気があるスケーターだ。ヘルシンキには何千人ものファンが集まった」

 記事では、ファンは羽生を観戦するために世界中から集まったことを紹介。さらに「多くのファンがハニュウの後を追うため、セキュリティー担当は彼の警備に力を入れている」とも伝え、羽生の宿泊先のホテルには特別な厳戒態勢が敷かれていたという。

人柄を絶賛「とても礼儀正しく魅力的な性格の持ち主」
 なぜこれほどの注目を集めたのか。同紙は「どの大会でも注目を集める23歳は、とても礼儀正しく魅力的な性格の持ち主で素晴らしいスケーターである」と羽生の人柄にも触れ、ブライアン・オーサーコーチのコメントでさらに補足している。

「ファンにとって彼を氷の上で観ることはスピリチュアルな体験であり、彼の近くに居られること、あるいはホテルのロビーで彼を見かけることもそうだ。彼は日本の人々の生活を変えたんだ」

 記事ではこう伝えている。フィーバーに沸いたフィンランドでも、羽生が放つ存在感に圧倒されていたようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘルシンキはなぜ羽生結弦に沸いたのか? 現地紙特集「彼はとても礼儀正しく魅力的」 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる