窓口24時間通訳、多言語装備導入...「訪日外国人」安心対策強化

2020年東京五輪・パラリンピック開幕まで1年8カ月に迫る中、県警が県内でも増加が見込まれている訪日外国人(インバウンド)対策を強化する。12月から英語、中国語、韓国語による110番通報や窓口対応の通訳を24時間態勢に拡大。イベント会場での雑踏警備や警察署窓口の対応を充実させるため、31言語に対応した翻訳機能付きタブレット端末や多言語対応タッチメガホン、電光表示機も導入した。
 3カ年計画で進める訪日外国人対策の一環。県警は28日に東北観光推進機構と訪日外国人対策に関する覚書を締結、12月1日から同機構が業務を委託する通訳コールセンターを24時間利用できるようになった。110番を受信する県警本部をはじめ、警察署や交番などからコールセンター常駐の通訳と電話をつなぎ、外国人対応に生かす。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック