「まずは慌てない」 大型商業施設で火事になったら? 従業員が訓練 静岡市葵区

人出が増える年末の時期を前に静岡市葵区の商業施設で火災を想定した訓練が行われ、参加した人たちは初期消火や避難経路の確認をしました。

マークイズ静岡で行われた訓練はフードコートの厨房から火が出たという想定で行われ従業員が避難経路や消火器を使った消火の手順を確認しました。

また消防隊員がはしご車を使って逃げ遅れた人を助け出す訓練も行われました。

千代田消防署 佐藤義之 警備担当課長 「まずは慌てないことが一番。ハンカチ等を口に当てながら低い姿勢で避難することが大事です」

施設の担当者は「利用客の安全を第一に考え防災意識を高めたい」と話していました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック