警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪府警と消防がJR西日本と協力 実際の車両用い訓練

<<   作成日時 : 2018/11/04 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

南海トラフ地震や来年大阪で開かれるG20サミットに備えて、警察と消防がJR西日本と協力し、訓練を行いました。

「マグニチュード8.8の大地震が発生」

脱線して動かなくなってしまった列車のドアを切断し、警察が1人ずつ乗客たちを誘導して避難させています。

震度7の地震が発生して列車事故が起きたと想定し、JR西日本協力のもと、廃車にする予定の車両を使って訓練が行われました。

警察によると、震度6弱を記録したことし6月の大阪北部地震で実際に列車でのトラブルがあったことを受け、今回の訓練を計画したということです。

【吹田警察署・桐原健悟 警備課長】
「実際に車両を使って救出する経験が署員にないので、JR西日本にお願いして、車両を提供していただけるということだったので、実際の車両を使って現場に即した訓練をしようということで」

大阪府警は今後もJR西日本など関係機関と連携した訓練を行いたいとしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪府警と消防がJR西日本と協力 実際の車両用い訓練 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる