禁止薬物の岩手競馬がレース再開

岩手県内の競馬場でレースに出走した競走馬から相次いで禁止薬物が検出された問題で、県競馬組合は24日、水沢競馬場(奥州市)で、5日を最後に休止していたレースを再開した。

 組合は、水沢競馬場所属の馬全頭を、レースに出る前に検査すると決定。仮に陽性の馬が出た場合は除いて実施。また、厩舎エリアを中心に監視カメラを増設したり、警備員を24時間配置したりし、再発防止策は整ったとしている。

 岩手競馬を巡っては、7~10月に出走した競走馬4頭からボルデノン(筋肉増強剤)が検出された。組合は今月10~12日と17~19日のレースを中止した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック