協和エクシオ、Azure IoT Edge活用のエッジ画像処理を実証へ

協和エクシオは、Microsoft Azure IoT Edge を活用した「Vision AI Developer Kit」と、自社のIoT・センサソリューションを組み合わせた実証実験を開始すると発表した。

 「Vision AI Developer Kit」は、Azure Machine LearningとAzure IoT Edgeを組み合わせ、IoTのシナリオで使われるカメラの開発に必要なハードウェアとソフトウェアを提供するキット。マイクロソフトがQualcommと共同開発した。Azure IoT Edgeは、マイクロソフトのクラウドである Microsoft Azure上で展開される人工知能(AI)やカスタムロジックをエッジで実行可能にするサービスとなる。

 この取り組みは、ビルや工場、建設現場、社会インフラに展開し、安全性、防犯性、効率化の向上に対する貢献を想定し、防犯/危険予知でリアルタイム処理が必要な現場、ネットワークが不安定な現場、映像をクラウドに格納できない現場でエッジでのAIによる画像処理を実現するもの。

 実証実験では、建物施設のエントランスなどに「Vision AI Developer Kit」と「フラッド型メッシュネットワークを設置し、カメラの画像(顔・身体)解析と、利用者が持つBLE(Bluetooth Low Energy)タグを使った認証を補完的に組み合わせ、ゲート管理や認証を実施し、その有効性や安全性などの効果測定を行う。

 商業施設や鉄道などでの警備では、防犯カメラによる監視業務の高度化や効率化、システム上での膨大な監視映像の処理能力の向上などが求められているが、安定した通信と高度なシステムが必要となり、コストや導入スピードが課題となっている。同社では、エッジコンピューティングが可能なカメラを利用し、通信インフラで培ってきた施工技術を提供することで、これらの課題解決を目指している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック