女子会風、カフェでフリートーク 体育会系に特化した内容も 埼玉県警、「柔」と「剛」のインターンシップ

 幅広い警察業務に関心と理解を高めてもらおうと、埼玉県警は12月、女子大学生と体育会系学生を対象にした「柔」と「剛」のインターンシップをそれぞれ開催する。県警警務課採用センターによると、インターンシップで体育会系学生に特化した内容は全国初。女性限定は県警で初めて。

覆面パトカー、年末の飲酒運転取り締まりを強化 4都県の警察から24台参加、埼スタで初の合同出発式

 女性のインターンシップは12月11日、さいたま市大宮区の大宮署で開催。大学3年の女子が対象で定員は10人。交通安全教育体験や鑑識活動のほか、さいたま新都心のカフェで「女子会」を模した職員とのフリートークも行う。

 体育会系インターンシップは12月20日、朝霞市の県警機動隊で開かれる。災害救助訓練の見学や資機材を装着した警備体験、柔道や剣道などの合同武道訓練も実施する。対象は原則として運動部員の大学生や短大生などで定員30人。性別は問わない。
 
 県警はストーカー被害など女性警察官が必要とされる業務が増加していることから、女性の積極的な採用を推進。2023年4月までに全職員の12%以上とすることを目標にしている。また、体育会系学生の体力が生かせる職場として消防や自衛隊のイメージが強いため、県警も災害救助活動に携わることをアピールする。

 県警採用センターの加藤春樹所長は「女性が持つ痛みに寄り添える優しさ、体育会系学生が運動で培った体力や目標達成能力は警察官の重要な資質。『柔』と『剛』のインターンシップを通じて理解してもらえれば」としている。

 申し込みは、いずれも県警ホームページのインターンシップ申し込みフォームか、採用フリーダイヤル(電話0120・373514)へ。女性限定は12月4日、体育会系は同12日締め切り。定員を超えた場合は抽選で決定する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック