警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国と北朝鮮、非武装地帯の監視所撤去開始

<<   作成日時 : 2018/11/13 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国と北朝鮮は11日、非武装地帯(DMZ)の軍事的緊張の緩和に関する両国の合意に基づき、DMZ内の監視所22か所の撤去を開始した。

 両国は先月の合意に基づき、南北がそれぞれ監視所10か所を撤去し、さらに1か所ずつを保存することを決めた。

 聯合(Yonhap)ニュースが韓国国防省の話として報じたところによると、両軍は監視所から兵と火器を撤収させた後、11日から監視所の撤去を開始。DMZ内には他にも韓国側の監視所が約60か所、北朝鮮側の監視所が約160か所あるという。

 韓国と北朝鮮は先月、両国の軍事境界線上にある板門店(Panmunjom)の共同警備区域(JSA)を非武装化し、南北各35人の非武装要員を残す形で監視所も撤去した。

 映像は、監視所で撤収作業を行う韓国の兵士ら。9日撮影。(c)AFPBB News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国と北朝鮮、非武装地帯の監視所撤去開始 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる