第1次大戦終結から100年、世界各国で記念式典

 第1次世界大戦の終結から100年を迎えた11日、世界各国で記念式典が行われ、一般の人や元兵士、各国の指導者、王室関係者らが参列して、1914年から18年まで4年間続いた大戦のために命をささげた850万人を追悼した。

フランスでは凱旋門にある無名兵士の墓の前で11日午前、休戦協定から100年を記念する式典が開かれ、マクロン大統領が「愛国心はナショナリズムの対極にある」と演説した。

パリの式典には米国のトランプ大統領夫妻や、ドイツのメルケル首相、カナダのトルドー首相、ロシアのプーチン大統領、トルコのエルドアン大統領など、各国の首脳も出席した。

式典を前に、凱旋門へ向かうトランプ大統領の車列に向けて、トランプ氏に抗議する女性がトップレスの胸に「フェイク」「平和」の文字を描いた姿で駆け寄ろうとする騒ぎもあった。女性は警備員に阻止された。

式典後は世界の首脳が一堂に会して昼食会が開かれた。トランプ大統領はこの日、パリに近い米国人墓地を訪れて花束を供え、演説を行っている。

一方、英ロンドン中心部で同日開かれた記念式典には、エリザベス女王をはじめとする王室一家が参列。大戦で命を落とした約90万人の英国人をしのび、午前11時から2分間の黙とうをささげた。

チャールズ皇太子は、バルコニーから式典を見守るエリザベス女王に代わって、記念碑に花束を供えた。バルコニーにはキャサリンさん、カミラさん、メーガンさんの姿もあった。

オーストラリアとニュージーランドでもそれぞれ式典が開かれ、大英帝国軍に加わって命を落としたオーストラリア人6万人、ニュージーランド人1万8000人の戦没者を追悼した。

ロシアでは全土で追悼式典が行われた。当時人口1億5000万人だったロシア帝国は、第1次世界大戦で170万人が犠牲になった。

一方、ドイツでは第1次大戦に関する記念行事は控え目で、11日夜に記念コンサートが開かれているものの、全国規模のイベントは予定されていない。

米首都ワシントンではアーリントン国立墓地で退役軍人の日の式典が営まれ、現地時間の午前11時、無名兵士の墓に花束が供えられる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック