G20に備え、阪急梅田駅でテロ対処訓練 大阪府警「万全を期していく」 

 来年開催されるG20大阪サミットに向け、大阪府警と阪急電鉄合同のテロ対処訓練が梅田駅で行われました。

 訓練には、警察官のほか阪急梅田駅の駅員らあわせて約60人が参加しました。警察官が刃物を持った不審者を制圧する訓練に続いて駅員らが利用客の避難を誘導するなどしたほか、機動隊の爆発物処理班が不審物を容器に移して回収する訓練も行われました。

 来年6月のG20サミットにむけて大阪府警は「実践的訓練を積み重ねて、来年の警備の万全を期していきたい」としています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック