警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS キム・カーダシアンに7億円払った保険会社 同額賠償求めボディーガードを提訴

<<   作成日時 : 2018/10/07 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米セレブタレントのキム・カーダシアン(37)が2016年10月、フランス・パリ滞在中にホテルの部屋で武装した強盗団に襲われ、610万ドル(約7億円)相当の宝石類が盗まれた事件で、被害額をキムに支払った保険会社が、キムのボディーガードを務めていた男性と警備会社を相手取り、同額の支払いを求めて提訴した。

 米芸能サイト「TMZ」によると、訴訟を起こしたのは保険会社のAIG。事件当時、キムのボディーガードだったパスカル・デュビエル氏が警備を怠ったために強盗団の侵入を許したとして、デュビエル氏と勤務先のプロテクトセキュリティ社に対し、AIGがキムに支払った約7億円の損害賠償を求めている。

 事件が起きたのは16年10月3日夜。キムと一緒に滞在していた姉コートニー・カーダシアン(39)と父親違いの妹ケンダル・ジェンナー(22)が外出したため、デュビエル氏はキムをホテルに残したまま2人に同行した。

 その間に、目出し帽に銃で武装した男たちが部屋に侵入。キムを縛り、猿ぐつわをしてバスルームに監禁した上で部屋にあった宝石類を奪って逃走した。キムにケガはなかった。

 AIGは、キム姉妹が宿泊していた部屋の中庭につながるホテルの門に鍵がなかったと指摘し、そのことを確認していなかったのはデュビエル氏の怠慢だと主張。また、部屋のインターホンが壊れていたことを確認しなかったのは、警備側の落ち度だとしている。

 警備会社はともかく、1人のボディーガードが億単位のカネなど払えるはずもない。訴訟社会で知られる米国らしい話だが、保険会社もやることがえげつない!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キム・カーダシアンに7億円払った保険会社 同額賠償求めボディーガードを提訴 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる