警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS タイ首相、異例の低姿勢のワケ 警備員が中国人殴る動画が拡散

<<   作成日時 : 2018/10/05 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイの空港でタイ人警備員が中国人男性を殴った騒ぎが、地元メディアで大々的に報じられている。インターネット上で様子を撮影した動画が拡散すると、プラユット首相がすぐに遺憾の意を示し、異例の低姿勢で早期の幕引きを図ったのだ。

 中国人男性は9月27日、ジャカルタ発の便でドンムアン空港に到着した。しかし入国審査の際、宿泊先などを示さず、審査官に対し不適切な言動があったため、入国を拒否された。別室に行くことも拒んで警備員と口論になり、殴られたらしい。

 驚いたのは、タイ政府の素早い対応だ。3日後には政府報道官が「首相は遺憾だと言っている。大使館を通じて中国人男性に謝罪の手紙を送る」と述べ、警備員の解雇方針と空港責任者の停職処分を明らかにした。

 タイを訪れる観光客は年間3500万人。中国人は4分の1を占める。7月の南部プーケットでの船転覆事故では中国人客47人が死亡。閣僚の不適切発言もあり、中国からの旅行キャンセルが相次いだ。大型連休(国慶節)を前に、お得意さまの足がさらに遠のくことは何としても避けたい。中国に振り回される観光立国の姿が見えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイ首相、異例の低姿勢のワケ 警備員が中国人殴る動画が拡散 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる