毒ガステロ専門家 G20大阪サミットに向け対応策講義

G20大阪サミットの開催を来年6月に控え、毒ガステロの専門家が、公共交通機関の関係者らを対象に対応策について講演しました。

大阪市内で開かれた講演会には、公共交通機関や警備会社の関係者ら約200人が参加しました。日本中毒情報センターの吉岡敏治・理事長は、1995年に発生したオウム真理教による地下鉄サリン事件に触れ、毒ガステロの脅威について説明。異常な匂いを感じた時は、不審物に近寄って触れたり、必要以上に嗅いだりしないよう呼びかけ、警察や消防と正確な情報を共有することが重要だと訴えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック