<愛知>ブラジル大統領選に長蛇の列 屋台の出店も 名古屋

ブラジル大統領選の決選投票が28日行われ、在名古屋ブラジル総領事館(名古屋市中区丸の内)に設けられた在外投票所の周辺には早朝から有権者が長蛇の列を作った。

 同国では16歳以上の国民に選挙権があり、うち18~70歳に投票が義務づけられている。大使館によると、日本国内在住の有権者数は6万708人。全国10都市に投票所が設置され、うち名古屋市内2カ所の登録者は計1万6042人だった。

 投票は午前8時から始まり、9時ごろには投票待ちの列が1キロ以上に。一時は約5時間待ちとなり、ブラジル料理の屋台も出てごった返した。警備担当者によると、昨夜から並んだ人もいたという。

 決選投票は極右、社会自由党のジャイル・ボルソナロ下院議員と左派、労働党のフェルナンド・アダジ元教育相の対決。滋賀県から家族6人で投票に来た日系人の西本フミオさん(43)は「現政権は自分たちの利益しか考えていない。もっと母国に仕事を増やし生活を豊かにしてほしい」。愛知県豊田市の小林マサキさん(56)は「正直どちらの候補も好きではないが、大統領には犯罪を減らし安全な国にしてほしい」と話していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック