ファン殺到で大混乱! メーガン妃、フィジーでの市場訪問をわずか6分間に

地元で活躍する女性起業家たちと会うため、フィジーの首都スバにあるマーケットを訪れていたメーガン妃だったけれど、わずか6分で公務を中断したことが明らかに。
もともと、マーケットには20分ほど滞在する予定だったそうだけれど、妃をひと目見ようと多くの見物客が集まり、大混乱となってしまったため、メーガン妃の側近が中断することを決意。それにより、メーガン妃は予定よりも少ない人数の女性たちとしか話ができなかったという。

メーガン妃の側近は、メディアに対し次のように説明。「暑くて湿度が高かった上、予想以上に忙しく、多くの人々が殺到してしまいました。メーガン妃は会う予定だった女性たちとは面会できたので、私たちはその場を去ることにしたのです。彼女をひと目見ようと楽しみにしていた人たちもたくさんいたと思いますが、彼女はきちんと約束を果たすことはできました。そして雑踏警備に問題が発生したことにより、公務は早めに切り上げることになったのです」

英『デイリー・メール』紙の王室記者、レベッカ・イングリッシュさんいわく、マーケットの中はたくさんの人たちで賑わっていたが、地元の警察によってきちんと警備されていたとのこと。でも、会場の中が暑くてムシムシしていたのは確かであり、現在妊娠中のメーガン妃の体調を気遣っての判断だった可能性は高いと指摘。

メーガン妃は他にもフィジー訪問中に南太平洋大学に立ち寄り、女子教育支援の大切さとそれが社会に与える影響についてのスピーチを披露。また女性スタッフをエンパワーするためのワークショップが開けるようにと、フィジー国立大学と南太平洋大学に補助金が交付されることも発表した。

ちなみにメーガン妃がマーケットを訪問した際に着用していたのは、ニューヨーク発のブランド、フィグ(Figue)のラップドレスとカスタニエール(Castaner)のエスパドリーユ。メキシコの画家、フリーダ・カーロからインスパイアされたというフローラルプリントのドレスは、暖かい気候にもぴったり。今日明日はトンガを訪問するということで、再びメーガン妃の楽園スタイルを見ることができそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック