ムンクの「叫び」最終点検、警備も厳重 27日から公開

ノルウェーの巨匠エドバルド・ムンクの作品約100点を紹介する「ムンク展――共鳴する魂の叫び」(朝日新聞社など主催)が27日、東京・上野の東京都美術館で開幕する。同館で24日、展覧会の目玉となる名画「叫び」の最終点検があった。ノルウェーのムンク美術館から一緒に来日した絵画修復士が輸送時の傷や光による変色などがないか調べた。

 4バージョンある絵画「叫び」のうち、今回展示される作品は日本初公開。2004年にノルウェーで盗難被害に遭っており、警備は特に厳重だ。絵画修復士のインゲル・グリムスタッドさんらがライトと拡大鏡を使って念入りに点検。「盗難の際についた古傷も調べましたが、異常はありません」と話した。

 展覧会は来年1月20日まで。問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600)。(木村尚貴)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック