習近平氏の地方視察でやらせ続出、巨大魚や漁師も仕込む

中国の習近平国家主席による視察で“やらせ”が続出していることが明らかになった。習氏は9月下旬、吉林省松原市の査干湖で漁の様子を視察したが、中国国営中央テレビ(CCTV)はこの模様をトップニュースとして報道し、大きくて活きの良い魚が大量に捕獲されるシーンを放映した。

 しかし、この湖周辺の住民が中国版ツィッター「微博(ウェイボ)」上で、「このような漁の予行演習が数日前から行われており、出演者はいずれも地方政府の関係者や幹部ばかりで、魚は事前に仕込んでおいて、湖に放されていたものだ」と暴露した。

 CCTVの映像について、ネット上では「漁民がなぜライフジャケットまで着用しているのか」、「服は新品のように見える」、「漁民の雰囲気は全然ない。兵士のようだ」などと疑問の声が寄せられていた。

 習氏は9月下旬の3泊4日で、吉林省ばかりでなく黒竜江省や遼寧省といった東北三省を視察しているが、黒竜江省の麦畑では習氏の背景に映し出されている数台のコンバインは他の農場から借り出したものだったことが分かった。遼寧省の油田で働く人々はいずれも地元政府や石油会社の幹部ばかりだったという。

 中国では、最高幹部の視察に伴い地元幹部が「素晴らしい業績」をアピールするため、しばしば「やらせ」を演出している。

 たとえば、2013年2月4日、習氏が甘粛省蘭州の五泉市場を視察した際、販売業者に扮した地元幹部が10日前から予行練習していたほか、辺境の農村で視察に来た習氏を歓迎するのは地元の警察官ばかりで、習氏の警備も兼ねていたとの事実がネット上で暴露されている。

 これは習氏ばかりではない。2011年の春節(旧正月)に当時の胡錦濤国家主席が北京市内の低所得者向けの住宅を視察し、ある入居者に「家賃は大丈夫か?」と質問。入居者の女性は「家賃は毎月たったの77元(約1300円)なので、まったく問題ない」と答えた。しかし、後にこのアパートの家賃は2000元(約3万2000円)で、女性は公務員であることが分かったという。

また、2005 年の春節に温家宝首相が河南省の通称「エイズ村」を視察した際に、村は実際は無医村なのに、別の地区から大量の医師と看護師を動員。CCTVのニュースは、現地の医療が充実しているようにアピールしていたのだという。

 さらに、1998年5月、当時の朱鎔基首相が安徽省・南陵県糧倉を視察した時、地元幹部が他県から1000トン以上のコメを調達し、200人が4日間かけて、倉庫を満杯にしたが、朱氏が現地を離れてすぐに、コメも倉庫から運び出されたという。

 これらの実例について、ある幹部は香港メディアに対して「出世のためなら何でもやるよ」とうそぶいたという。つまり、中国の地方幹部にとって、最高幹部の視察は「出世の願ってもないチャンス」になるということだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック