インパルス板倉俊之 ノンスタ石田明に”相方の不祥事対応”を相談していた

10 月13日(土)放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジ系)で、ゲストに、やさぐれ芸人キャラでプチブレイクしているインパルス・板倉俊之が登場。板倉が最近打ち出している“やさぐれキャラ”について、様々なクレームが飛び出した。

共に相方が不祥事を起こしている板倉とNONSTYLE・石田明だが、板倉によれば、石田は事件当時、出演している番組すべての共演者に一人一人頭を下げて謝罪していたそう。石田が完璧な対応をしたおかげで、「板倉はやらないんだ…」というあおりを受けたとふてくされる。

だが石田によれば、相方である堤下敦が事故を起こした際、板倉からすぐに電話がかかってきたそうで「石田どうすればいい? 石田のアレ(謝罪)完璧だったな!」と相談。その後も石田に会うたびに「今度こういうことがあるんだけど、どうすればいい?」と聞いてきたとか。だが板倉は「ダメなんすか? 完璧な答え出したヤツ頼っちゃいけないんスか?」と、さらにやさぐれてしまう。

そんな中、千原ジュニアは、「板倉は根っから暗いところがあるんですよ。だから(事故当時は)サバイバルゲームばっかりやってて、(新宿)ルミネの屋上でサバイバルゲーム用のライフルを迷彩色に塗装していたところを警備員に止められた。『新宿にスナイパーが出た』って」と暴露。スタジオ中が大爆笑するシーンがあった。

さらに柴田英嗣は「絶体絶命ビジネスしてんじゃねぇ!」とクレームを。板倉はそれなりに仕事をしているし、本を書けば売れる癖に「やさぐれキャラを引っ提げて、心配されながらテレビに出ていく感じが嫌! 芸能界においては無傷だからな」とコメント。

柴田は「俺なんか傷だらけだから。自業自得だけど…」と語るが、板倉は負けじと「そういうことか! このキャラまで奪おうというのか!」と逆切れ。「ビジネスにするなっていうけど、この(やさぐれ)キャラで呼ばれるのは『向上委員会』と『ゴッドタン』(テレビ東京系)だけですからね。商売になってねぇから!」と実情を告白するシーンがあった。

ネット上には、「たしかに、最近腐った板倉しかテレビで見てない」「やさぐれキャラって嘘だったの?(笑)」などのコメントが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック