警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS クリミア北部で有毒ガス流出、子ども4000人が避難

<<   作成日時 : 2018/09/10 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリミア北部にある工場から化学物質を含んだガスが漏れ出し、これまでに4000人の子どもたちが避難を余儀なくされています。

 漏れたガスのためか、しおれて白くなった花。クリミア北部・アルミャンスクにある化学工場から有毒なガスが漏れ出し、被害が広がっています。

 住民からは先月下旬以降、「鼻をつくような異臭がする」「屋根や車にさびのような物が付着する」と言った苦情が寄せられたほか、植物が枯れるなどの影響も出ています。

 クリミアの地元政府は、チタン工場から硫黄酸化物が漏れたと主張しています。地元当局は先週、およそ4000人の子どもたちを近隣の都市にある保養所で2週間待避させることを決めました。ガスが漏れ出した工場は現在、生産を一時的に停止しているということです。

 また、クリミアに隣接するウクライナ南部のヘルソン州でも、このガスの影響で37人の国境警備隊員が病院に搬送されています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリミア北部で有毒ガス流出、子ども4000人が避難 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる