警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 踊る警察官「ダンシングポリス」 浴衣姿で踊って安心警備 岐阜・郡上おどり

<<   作成日時 : 2018/09/07 15:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

殺到する人々を巧みな話術で誘導する「DJポリス」に続けるか? 東海地方に新たなポリスが誕生しました。

 その名も「ダンシングポリス」。盆踊りの町・岐阜県郡上市で誕生した驚きの警備スタイルとは?

 岐阜県郡上市、2か月ほど続いた夏の風物詩・郡上おどりもいよいよ終盤です。

 その会場で見つけた、お揃いの浴衣で踊る人たち。

踊っていたのは、岐阜県警郡上警察署に勤務する警察官です。

「浴衣を着て警戒にあたっている。ダンシングポリスになります」(郡上警察署 小野内健さん)

 普段は郡上警察署内の地域課に所属し、事件や事故があれば真っ先に現場へ急行する職務に従事しています。

この日も午後8時から郡上おどりの会場に。

「ダンシングポリス」のメンバーの中には、じつは署長の姿も。署長の浴衣の色は部下とはちょっと違います。


そして、ダンシングポリスの必需品とは?

Q.これはなんですか?
「警棒ですね」(郡上警察署 地域兼警備課 大和康朗さん)

バッグに忍ばせていたのは警棒。緊急時のために持っています。

「(地元の人に)安心感を与えたいという思いで、地元の人に着物を寄付していただき踊ることになった」(郡上警察署 地域兼警備課 大和康朗さん)

 地元の要望で誕生した「ダンシングポリス」。開催期間が2か月と日本一長い盆踊り「郡上おどり」での警備。物々しい警備より周りに溶け込んだ存在で警備にあたってほしいという、市民の願いが叶って誕生しました。

「(全国でも)郡上だけだと思います。芸能は古いが、新しい面もミックスしていい」(郡上おどり保存会 藤田政光 会長)

 地元の人々の反応も良かったことから、郡上署も自らSNSにアップしてPR。寄せられたコメントは?

「時代劇みたい」
「皆さんきっとこの後ろで踊りたいですよね」(SNSのコメント)

 ダンシングポリスを一目見たいと、県内外から多くの観光客が訪れるようになったといいます。

取材中も、浴衣のプリントが気になると話しかけてくる人が。

「かわいい。これもキャラなんですか?」(客)
「郡上の警察のマスコットキャラクターです」(警察官)

「〇〇ポリス」で注目度アップ?
 そもそも、「〇〇ポリス」と言うネーミングは、5年前サッカーの試合を見たあと渋谷の交差点に殺到する人を話術で歩道へと導いた警察官たちが、“DJポリス”と名付けられたことから始まりました。

 その活躍から人気は瞬く間に全国へと広がり、DJポリスを目指す警察官が現れるほど人気となりました。

「きょうも声をかけられましたんで、注目されていいことだと思います」(郡上警察署 小野内健さん)

 幸い今年の郡上おどりでは、事件などはなかったといいますが、体調のすぐれない人の介助をいち早く実施するなどの活動により、町の人々からの信頼は厚いといいます。

 郡上おどりは9月8日が最終日。ダンシングポリスも踊り納めとなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
踊る警察官「ダンシングポリス」 浴衣姿で踊って安心警備 岐阜・郡上おどり 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる