ハースF1、ガレージでまさかのボヤ騒ぎ。マグヌッセン用のタイヤ2セット損傷、FIAに交換を願い出る

ロシアGPの木曜日夜にハースのガレージで発生した火災により、2セットのタイヤがダメージを受けてしまったようだ。チームはこのタイヤを交換してくれるよう、FIAに依頼しているようだ。

【リザルト】F1第16戦ロシアGP:フリー走行1回目


 今回の火事は、タイヤウォーマーのコントロールボックスから出火したものと見られており、そのウォーマーに包まれていたタイヤセットが破壊され、その隣に置かれていたタイヤも損傷を受けてしまったようだ。この2セットは共に、ケビン・マグヌッセン用のタイヤだったという。

 チームは今朝、FIAに正式に損傷を受けたタイヤの交換を願い出ている。

 火事は警備スタッフによって発見され、火の手がひろがる前に様々なチームの助けも借りて消火された。ハースチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、火がすぐに消えたことは”不幸中の幸い”だったと認めた。


 シュタイナーはmotorsport.comに次のように語った。

「何が起こったのかはまだ分かっていない。なぜなら、それは燃えてしまったからだ」

「結論を急ぐわけにはいかない。何が起きたか分からない中で、パニックに陥ってはいけない」

「あるセキュリティスタッフがそれを見つけ、彼らが共に働いて消火してくれたのだと思う」

「消火できたのは幸いだった。タイヤが燃えると消火するのは難しいから、彼らの働きは素晴らしい」

 あるライバルチームは、タイヤウォーマーが夜間に作動していたことに疑問を持っている。タイヤウォーマーの運用には細かい規定があるからだ。

 ピレリが指示しFIAがチームに遵守させている規定によると、タイヤの保存は60度で行われ、80度で2時間加熱したのち、セッションの1時間前に110度まで温度を上げられることになっている。

 しかしシュタイナーは、タイヤウォーマーは作動していなかったと疑惑については否定している。

「それらは夜間に使用されていなかった。ただ、電源プラグは刺さっていた。そうでなければ火災はなかっただろう。しかし作動はしていなかったのだ。ただスタンバイ状態だっただけだ」

「通常、朝サーキットに来てスイッチを入れるだけで良いように、全てのケーブルは接続されている状態だ。だが今の我々は電源プラグを抜いておかなければならないだろう」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック