警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <仙台・警官刺殺>耐刃防護服の常時着用を 警察庁が通達

<<   作成日時 : 2018/09/19 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 仙台市宮城野区の交番で警察官が刺殺された事件を受け、警察庁は19日、交番の警察官の安全強化策について全国の警察本部に通達を出し、「耐刃防護服」(防刃チョッキ)を常に着用し、できるだけ2人以上で勤務するよう指示した。

 宮城県警は交番勤務の警察官に対し、制服の上から耐刃防護服を着用するよう求めているが、死亡した警察官は着用していなかった。同庁は「経緯を捜査中」としている。

 同庁はこれまで、耐刃防護服の「積極的な活用」を指示し、各警察本部が内規などで着用の方針を定めていた。今回の通達では「常時着用に留意する」と踏み込んだ表現になっている。

 通達ではこの他に、隣の交番の警察官と互いに行き来するなどして、できるだけ2人以上で勤務する配置を求めた。訪問者からの不意の攻撃に対応するため、広い机やカウンターを配置するなど、十分な間合いを取ることも指示した。

 交番襲撃事件は今年6月、富山市でも起きている。警官が刃物で刺されて拳銃を奪われ、警備員が撃たれて2人とも死亡した。事件を受け、警察庁は拳銃入れ(ホルスター)を改良し、他人から拳銃を抜かれにくくする対策を決めた。来年度には、交番内に設置した防犯カメラの映像を警察署などで同時に見られるシステムを富山の交番など数カ所で試験導入する。緊急時には通報が発せられ、速やかに応援を派遣できる。【内橋寿明】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<仙台・警官刺殺>耐刃防護服の常時着用を 警察庁が通達 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる