警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道の地震から停電復旧まで 千歳ではジンギスカンで過ごす

<<   作成日時 : 2018/09/11 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成30年北海道胆振東部地震が発生したとき、震源から40km離れた千歳市で被害に遭ったときのことをレポートする。まずは地震発生から停電した初日の夜まで。


北海道の地震から停電復旧まで 千歳ではジンギスカンで過ごす
写真:アスキー
 さあ、そろそろ寝ようかとベッドへ横になったときに初期微動はやってきた。ああ、これは大きい地震だ。道央の内陸でこれは珍しいぞ。こんな大きな地震は初めて体験するなあと思いつつ、床の上を転がりながらiPhoneのLED照明モードを探していた。揺れている最中に停電してしまったからだ。
 
びっくりするほど被害なし(9月6日明け方 地震発生直後)
 初期微動は音程として聞き取れるほど波長が短く、かつパワフルだったから、それなりの覚悟を決めるしかなかったが、揺れの割に被害は驚くほど少なかった。
 
 家の中は、せいぜいギターが2、3本倒れたくらい。家の外も見てわかるダメージはない。近隣の住宅にも被害はなかったようだ。北海道の住宅は積雪荷重が計算に入っているから丈夫とはいえ、これはラッキーだったと思っていいのだろうか。
 
 自宅がある千歳市の震度は6弱。震源は気象庁発表で北緯42度41分、東経142度。自宅からの距離は約40km。まるで直下型のように感じられたから、震源までの遠さも意外だった。
 
 Twitterをざっとスクロールして、苫東厚真発電所が故障し、道内全域の送電システムが落ちた、というツイートを見つけた。事実かどうかは別として、現状から想像できる最悪の状況だろう。とりあえず復帰時の過電流に備えてブレーカーを落とし、バスタブに水を張り、携帯ラジオに電池を詰めて、モバイルバッテリーの電力を確認。このあたりの対応は3.11以降、繰り返し起きた災害で学習済みだ。
 
徐々につながらなくなる携帯(9月6日朝 地震発生から6時間)
 ただ、自分の生活圏で起きてみるとショックが違う。厚真町の惨状を画像で見て愕然とした。大変なことになってしまったと思った。
 
 自分の当面の問題は、直近の仕事と予定変更の連絡だ。電源がないのでネット接続は無理だし、市中のWi-Fiスポットも使えない。頼みは携帯のモバイル通信だが、これも電源を絶たれた基地局のバッテリーが尽きつつあって、10時を過ぎた頃にはデータの送受信もままならない状況に。簡単な原稿の送信にも4時間以上もかかった。
 
 しばらくどうにもならないから適宜よろしく。とASCII編集部に連絡したところ、では震災体験レポを書いておくように、という指令が降った。
 
 しかし、自分が置かれている状況はただの停電だ。家族や家を失った人たちの状況に比べれば「たかが電気」がないくらい、まったく大したことではない。一応は健康で、透析の必要もない私は、ただ電気のない状態をどうにかしてぼんやり過ごせばいいだけだった。
 
オール電化住宅は悲惨
 せっかくバスタブに水を貯めたが、市の水道局は非常電源で運用を続けたらしく、水道はその後も当たり前に使えた。市内のコミュニティセンターには給水所が設けられたが、これはポンプが止まって断水しているマンションの住民のためだ。おそらく停電が長びくと、みんな風呂に困るだろう。
 
 オール電化住宅である我が家も同じで、電源を絶たれると、まず風呂は諦めなければならない。電力会社は「水力、火力、原発、再生可能エネルギーをバランスよくミックスして」と説明するくせに、こういう脆弱なものを年寄り(つまり親)に売りつけたわけだ。電気だから火事にならないというわけではないし、灯油は自宅にエネルギーを備蓄できるメリットがある。家庭でも電気、ガス、灯油とエネルギーを分散させた方がいい。
 
 そんなわけで、後付対策として石油ストーブとカセットコンロを常備しているのだが、こうして文句を垂れるくせに、なんとガスボンベのストックを切らしていたのだ。Oh No……。
 
 この状況でガスボンベを入手するのは難しい。おかげで風呂も加熱調理もできない状態となった。
 
ローカルチェーン健闘中(9月6日午後 地震発生から9時間)
 各種連絡は午前中に終わった。というか送信できないものはもう諦めた。歯医者の予約はなかったことになったし、信号が動かないのでヤマトの諸君もやって来ない。仕方がないので、給湯器に貯まったお湯が冷めないうちにシャワーを浴びて、街の様子を見にいくことにした。
 
 もともとなんにもない街だが、この日はさらに閑散としていた。停電でレジが使えないから、ほとんどの店舗は休み。街に出たところで買い物もできない。
 
 ただし、例によってセイコーマートは営業していた。このコンビニチェーンは「道民のインフラ」と言われるが、私は神社仏閣みたいな何か、あるいは邪悪な資本の流入を防ぐ結界のようなものと思っている。
 
 実はセブン-イレブンも頑張って営業しているのだが、若干数が少ないおかげで目立たない。おまけにホットシェフ(セイコーマートの店内調理システム)のありがたみで、必要以上に差がついて見える。道外で「セコマ」「セイコマ」と言ってもなんだそれという話だが、NHKが北海道のローカルニュースでセイコーマートを取り上げる際には「大手コンビニエンスストアの」という前置きが入るくらい、ほかはマイナーだ。
 
 そんなセイコーマートではあっても、働いているのは神や仏ではなく人だから、できないときはやらない。別のセイコーマートの店舗には「13時で店閉めるし、次いつ開くかわからん」という張り紙がしてあった。
 
 同じローカルチェーンでは、ドラッグストアもがんばっていた。北海道ではコンビニと大型スーパーの間を埋める役割をドラッグストアが果たしていて、物資調達拠点としてのウエイトは道外で想像するより高い。そうした道内2大ドラッグストアのうち、サツドラは初日全滅。一方のツルハドラッグは時限営業していたようで、入り口には人が並んでいた。
 
 車にガソリンを入れるのに1時間ほど並んだ以外に、この日に見た人の列はこれだけ。普段なら人が並んでいる人気のラーメン店も、並ばず入れる状態。コープさっぽろやイオンも、屋外で限られた食料品や日用品を販売していたが、パニックになった人が我先に、という様子は見られなかった。ほかに目立ったのは、学校が休みになって自転車で走り回る子供達くらいだった。
 
地震が起きた事実を示す止まった時計
 市街地にもこれといった被害はなく、むしろ前日の台風で飛ばされた看板や倒木の方が、よほど目についた。JR千歳駅はドアが開いていても、中は真っ暗。運行再開のめども立たず、改札は閉鎖中。駅前のベンチには、途方に暮れた外国人観光客が大勢座っていた。旅行者は移動もできなければ食べるものもなく、ヘタをすると泊まるところもない。今回の震災でのダメージは、おそらく地元住民より彼らの方が大きい。
 
 この街に地震があったことを示すのは、駅前の止まった時計だった。ただ時計が示す時刻は、4回目の余震があった頃だ(本震は3時8分頃)。このあたりの停電は、うちの近所と違ってかなり後になって起きたのだろうか。
 
ジンギスカンにビール(9月6日夕方 地震発生から12時間)
 家に戻ると、近所のみなさんは庭でジンギスカンを始めていた。ディーゼル発電機を回して宴を続ける家もあって、さすがワイルドライフ慣れしている。北海道の一般家庭の冷蔵庫には、たいてい冷凍の薄切りラム肉が常備されているのだが、放っておいたら溶けて腐るし、ビールだってぬるくなる。美味しく食べられるうちに処理するのが合理的だ。
 
 我が家はといえば、水耕栽培で育てていた野菜を収穫したり、近所の人が野菜を持って来てくれたり、どこからともなくハムとゆで卵が現れたりで、原始共産制が復活しそうな勢いだった。9月の北海道で、畑に近い郊外に住んでいる有り難みだろう。
 
 災害対応に限らずまったくいいところのない安倍内閣だが、どうやらお昼あたりの会見で、世耕経産相が今後の見通しについて説明したようだ。これは良かった。じいさんばあさんは電線が切れた程度のことと思っていて、復旧の遅さにイライラしていたが、簡単な状況ではないことと同時に、解決までの手順やスケジュールが伝わり、この事態にどう対応すべきか隅々までイメージできたのではないか。
 
 で、とりあえずジンギスカンにビールである。我々はそうやって待つしかないのだ。夜は警視庁警備部災害対策課のTwitterで有名になったペットボトルランタンが役に立った。
 
皆さん、お持ちの非常持ち出し袋に懐中電灯は入っていますよね?一工夫してランタンに替える活用術。懐中電灯の上に水を入れたペットボトルを乗せるだけで、光が乱反射して周りを照らすことができますよ。懐中電灯が小さい場合はコップに入れてやってみてください。火を使わないので安全です。 pic.twitter.com/2g7jp5l6rR
 ― 警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) 2017年3月1日
(続きはこちら)
 
四本 淑三(よつもと としみ)
 
北海道の建設会社で働く兼業テキストファイル製造業者。
 
文● 四本淑三

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北海道の地震から停電復旧まで 千歳ではジンギスカンで過ごす 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる