警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅行を台無しにしないために。カード情報を盗み取るATMスキムの手口と対策4つ

<<   作成日時 : 2018/08/11 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旅行にセキュリティリスクはつきものです。

初めて訪れるよく知らない街では、不当なタクシー料金を請求されたり、スリに遭ったりするかもしれません。あるいは、ATMスキマーでカード情報を読み取られ、現金を盗まれてしまうケースもあるでしょう。

【画像】旅行を台無しにしないために。カード情報を盗み取るATMスキムの手口と対策4つ

米Lifehackerは、クラウドセキュリティ会社Radwareのセキュリティ研究員であるDaniel Smith氏に話を聞き、旅行先で怪しいATMを使わないようにする方法を教えてもらいました。

ATMスキマーとは?
ATMスキマーは、詐欺師がATMのカードリーダーに取りつける装置で、カードスロットの上あるいは中に設置されます。

こうしたスキマーは、今のところICチップは読み取れませんが、磁気ストライプの情報なら記録できます。

Smith氏によると、このような手口はアメリカや東欧でよく見られるようです。

そして詐欺師は、あなたのデビットカードの情報を入手して、あなたのアカウントで買い物をします。こうした被害に遭わないためにも、以下のことに気をつけましょう。

1. 銀行のATMを利用する
ニューヨークのような大都市では、食品雑貨店やバー、路上などに、銀行以外のサードパーティによるATMがあふれています。

中には、見るからに疑わしいものもありますが、酔っぱらっていて手持ちの現金がないときには、ついつい利用したくなってしまいます。これらもれっきとしたATMとはいえ、監視カメラや警備員が見守っていることはあまりありません。

そのため、こうしたタイプのほうが、詐欺師がスキマーを取りつけやすくなっています。

Smith氏は、「銀行のATM」を探すようにすすめています。特に、銀行員がいる店舗の中に設置されているATMが良いそうです。

反対に、詐欺師が見とがめられずに長居できるような場所のATMは避けるべきです。ICチップつきのカードを持っている人は、磁気ストライプではなく、チップを読み取れるATMを見つけましょう。

たとえ手数料を払って他行のATMを利用することになっても、サードパーティのATMを使うよりはましです。

2. 現金を持っていく
ATMを利用する頻度が低くなれば、それだけ、スキマーが取りつけられたATMに当たる確率も下がります。

必要な額を計算しましょう。

もちろん、多すぎてはいけません。大金を持って街を歩く行為には、それ自体にリスクが伴います。真夜中に、銀行から遠く離れた場所で手持ちの現金がなくなる、ということがない程度の額だけを持ち歩いてください。

3. 予備のカードを持っていく
Smith氏は、旅行中は2枚のカードを使い分けているそうです。

1枚はATM専用、もう1枚は買い物専用です。

予備のカードを持っているということは、スキマー被害が発覚して銀行があなたの口座の1つを凍結しなければならなくなっても、困らないということです。また、カード情報が盗まれた可能性のある場所を絞り込みやすいので、同じ被害に遭うのを避けられます。

デビットカードの情報が盗まれるのは、クレジットカード情報を盗まれるより痛手です。

デビットカードは、あなたの口座からすぐにお金を引き出すことができるからです。

損失分の補償に関しても、銀行はクレジット会社より時間がかかります。時には補償を拒否することさえあります。

ですから、ガソリンスタンドなど、人がいない状況でカードリーダーを使わざるを得ないときは、デビットカードではなくクレジットカードを使いましょう。

4. カードスロットを軽く動かしてみる
信頼性の低いATMを利用せざるを得ない場合は、せめて、カードスロットをさわって、軽く動かしてみましょう。もし、どこかがゆるんでいたり、外れたりするようなら、そのATMを使ってはいけません。警察か、ATMの所有者に届けましょう。

とはいえ、さわってみればすべてのスキマーが見破れる、というわけではありません。最近のスキマーは、カードスロットの中に装着できるものもあるため、発見が難しいそうです(CNBCが写真を公開しています)。

常に言えることですが、安全性と利便性のバランスを取るべきです。ときには、バーのATMから80ドルを引き出さなければならないときもあるでしょう。

でも、事前に準備しておけば、こうした決断に迫られる頻度は低くなります。

それに、3ドルの手数料を払う必要もなくなります。こうした手数料こそ、詐欺みたいに感じられるものですよね。


Image: adriaticfoto/Shutterstock.com

Source: Radware(1, 2), CNBC

Nick Douglas - Lifehacker US[原文]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅行を台無しにしないために。カード情報を盗み取るATMスキムの手口と対策4つ 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる