警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS テナント会が自主運営 徳光PA・はくさん街道市場 「常連客の期待裏切れぬ」

<<   作成日時 : 2018/08/02 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

白山市の北陸自動車道徳光パーキングエリア(PA)内の「はくさん街道市場」(旧まっとう車遊館)で、運営会社の破産に伴いテナントの存続が危ぶまれる中、入居する17店で構成するテナント会が自主的に運営を続けることが1日までに決まった。テナント会は当面、新たな運営会社が現れるのを待ちながら、結束して手探りの運営を行う。

 はくさん街道市場を運営していたダイニチは6月、金沢地裁から破産開始決定を受けた。街道市場では直営10店とテナント25店の計35店が営業していたが、直営店は7月19日に終了し、一部のテナント店が継続の道を探っていた。

 木梨松嗣破産管財人によると、ダイニチによる運営は7月末をもって終わった。今月以降は、テナント会として電気代などの運営費を工面し、自主的に営業する体制に切り替わったという。

 「店に通ってくれる常連客の期待を裏切れない」。まっとう車遊館の開業時から21年にわたり、テナント「寿し処(どころ)高尾」を構える清水清和店長(50)はこう話す。

 清水店長によると、テナント会として建物の電気料金やメンテナンス費、警備費などの経費を工面し、月内の運営のめどは立っている。ただ、自主的な運営が長引けば、各テナントの経営を圧迫する可能性があり、長期的な営業継続は見通せない。

 清水店長は「今後の具体的な方針は決まっていないが、新たな運営会社が決まるまでの空白期間を乗り切りたい」と話した。

 全国のトラック運転手が集う飲食店「エイワン千代」の出戸千代店主(69)は「残ったテナントが一丸となって、何とか営業を続ける」と意欲を語った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テナント会が自主運営 徳光PA・はくさん街道市場 「常連客の期待裏切れぬ」 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる