警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 海保福岡航空基地、北九州空港に移転へ 「福岡空港より緊急出動スムーズになる」

<<   作成日時 : 2018/08/29 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

海上保安庁は29日、福岡空港(福岡市)にある第7管区海上保安本部福岡航空基地について、2019年度末までに北九州空港(北九州市、福岡県苅田町)に移転すると発表した。現在の基地施設が、福岡空港で24年度末の完成を目指す増設滑走路の予定地に当たるため。

 移転後の名称は「北九州航空基地」とする。移転費用は1643億円の滑走路増設事業費で賄う。同庁は「移転に伴い、過密状態の福岡空港よりも緊急出動がスムーズになるメリットも期待できる」としている。

 同庁によると、福岡航空基地には航空機2機とヘリ2機を配備。職員は約70人で、北部九州や山口県沖の海難救助、警備に当たっている。移転による体制や担当エリアに変更の予定はない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海保福岡航空基地、北九州空港に移転へ 「福岡空港より緊急出動スムーズになる」 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる