警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京港の海上テロ防げ! =五輪まで2年、警視庁と海保

<<   作成日時 : 2018/07/24 18:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まで2年となった24日、警視庁と海上保安庁は東京都江東区の東京港で、海上でのテロなどを想定した合同訓練をした。

 同港周辺の臨海部は競技会場や選手村が集中し、小型船などによるテロが懸念されている。

 訓練は、会場建設現場を視察中の関係者約40人を乗せた水上バスが、銃で武装した男2人が乗るプレジャーボートに襲撃されたと想定。海保の巡視艇とゴムボート、東京湾岸署の警備艇などが協力して追跡、制圧した。

 臨海部を走る新交通ゆりかもめでも、別の男2人が警戒中の女性警察官を人質に立てこもった。列車は車両基地に誘導され、警視庁の銃器対策部隊や警備犬が逃走しようとした2人を確保した。

 都内には25カ所の競技会場が設置され、うち12会場とプレスセンターが同署管内に予定される。

 浜崎一裕署長は訓練後、「空前の警備になる。関係機関が連携してテロを防ぎ、安全、安心を実現しなければならない」と訓示した。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京港の海上テロ防げ! =五輪まで2年、警視庁と海保 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる