“イケメン名探偵”田中直樹、芸能生活初体験も!?「スーパー戦隊」出演への思いを語る

8月4日(土)公開の映画「劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)」。「ザテレビジョン」WEBでは本作を特集し、同作品のキャスト陣同士によるシャッフル対談インタビューなどを連続掲載中だ。

今回は「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」より、名探偵エルロック・ショルメを演じる田中直樹へのソロインタビューの模様をお届け。世界を股にかけて活躍する“謎のイケメン名探偵”という役に挑んだ田中が、現場での発見やエピソード、作品の魅力などを語った。

――改めて、本作への出演を聞いた感想をお聞かせください。

とにかくすごくうれしかったですね。男の子はスーパー戦隊を見て育ってきた人がたくさんいると思いますし、僕自身もそうでした。子供の頃は「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975~1977年)などに夢中で、大人になってからも「炎神戦隊ゴーオンジャー」(2008~2009年)や「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011~2012年)などをずっと見ていました。やっぱりスーパー戦隊と仮面ライダーって、特別な作品だと思うんです。そんな作品に自分が出させてもらえることが、本当にうれしかったですね。

――出演について、お子さんにはお伝えしましたか?

僕から直接伝えるのが早かったのか、ニュースとして出るのが早かったのか忘れてしまいましたが話しました。普段からいろいろな話をしていますが、息子は「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系)が好きで見ていたりもするので、撮影がどのように行われているのかとか、多分気になっているんじゃないかと思います。

この作品の予告編が解禁されたときもチェックしていたので、出演者の僕よりも早くいろいろな情報に気付いているかもしれないです(笑)。

――田中さんが演じる名探偵エルロック・ショルメですが、演じられた田中さんから見て彼はどのような人物ですか?

とにかく“優秀”で“イケメン”で“かっこいい”という要素を兼ね備えた人物だと思います。撮影中、杉原(輝昭)監督からも「ここは目いっぱいかっこつけてください」とか、「ここはちょっとニヒルにお願いします」とか普段頂くような役とは違う指示を頂いたので、そこが難しくもあり、楽しくもありました。

冒頭では来日して空港に到着するシーンがあるのですが、ギャングラーの犯罪を止め、ルパンレンジャーの正体も突き止めるというショルメを応援するために、ファンの人たちが出迎えてくれるんです。

――海外セレブが来日する時のようなイメージですね。

皆さんうちわやプラカードなどを持って出迎えてくれるのですが、僕は25年以上も芸能生活をやってきて、うちわを振られたことなんて今まで一度もなかったので(笑)。もちろん作品の中の設定なのですが、そういうシーンから撮影に入れたのですごく気持ちよかったです(笑)。

さらに、セキュリティーとしてパトレンジャーが付いてくれるという、そんなすごく気持ちいいカットから撮影に入らせてもらえて楽しかったです。

――監督からはショルメを演じる上でどういった指示がありましたか?

監督は「かっこつけてください。こちらもかっこよく撮らせてもらいますから!」と言ってくださって、いろいろとかっこいいアングルから、カットを細かく割って撮影してくださいました。撮影中は「今のもかっこよかったですよ!」などと声を掛けて僕を乗せてくださったのですが、ちょっと半笑いだった気もしますね(笑)。ですので、僕も内心「ホントかな?」と思いながら(笑)。でも本当に気持ちよく乗せてくださったので、3日間のみの現場でしたがすごく楽しかったですね。

――そんなイケメン名探偵を演じ切り、さらに製作発表会見でキャスト陣から「生きざまがイケメン」と評されていた田中さん。今後は“二枚目”としての俳優人生も視野に?

(笑)。いやいや、自分のことをイケメンと思ったことは一度もないですし、頂いた役を精いっぱいやるだけです(笑)。

会見では確かにそんな言葉も掛けてもらいましたが、キャスト陣もスタッフの皆さんもみんな気持ちのいい人ばかりでした。僕はレギュラーとしてこれまでやってきている方々の中にお邪魔する形にもかかわらず、みんな温かく迎えてくださいました。

――レギュラーキャストの方々とは、どなたとよくお話しされましたか?

どちらかと言えば僕はパトレンジャー側と一緒のシーンが多かったので、パトレンジャー側の皆さんですね。でもルパンレンジャーのメンバーとも、少ない共演シーンの間で話しました。それこそ濱(正悟)君とは「ZIP!」(日本テレビ系)で一緒でしたので、そんな話をしたりとか。とにかくみんな真っすぐで一生懸命で、すごくすてきな方々でした。自分は47歳ですが、「もっと真っすぐ頑張らなあかんな」と思いましたね(笑)。

――これまで数多くのドラマや映画にご出演されてきた田中さんですが、今回特撮の現場に入られて何か新しい発見などはありましたか?

いろいろとありましたね。すごいなとまず思ったのは、変身前のキャストの皆さんが演じるアクションです。撮影当日にスーツアクターの方と一緒に確認しながらその場で動きを付けていくので、そこで初めて動きを知るわけなんですよ。その後に細かい動きを練習したら、すぐ本番に臨むんです。皆さん日々アクションシーンの連続だと思うのですが、飲み込みの早さや、難しいアクションもさらりとこなす、そのすごさと集中力に驚きました。

他には、現場ではスーツアクターの方もせりふを全て覚えていて、せりふを話されながら演技するんです。キャスト陣がアフレコをするのでその音声は決してオンエアされないのですが、それをやるやらないで芝居も変わってくると思いますし、どのタイミングで声を当てればいいかアフレコ時の目安にもなるので。スーツアクターの方々のプロ意識にものすごく感動しました。そういった、各セクションでのプロとしての仕事の仕方を目の当たりにした、濃い3日間でした。

――この番組のオープニングでは、「快盗と警察、君はどちらを応援する?」といった口上があるのですが、田中さん個人としてはルパンレンジャーとパトレンジャーのどちらがお好きですか?

僕はやっぱり名探偵役としてパトレンジャーに警備してもらっているので、パトレンジャーですかね。お世話になった分、パトレンジャーを裏切るわけにはいかないです(笑)。

――では最後に、「今作では自分のここを見てほしい!」という点と、作品全体の見どころをお願いします。

ショルメは頭の切れる推理力抜群の名探偵で、ましてや一応イケメンという設定を演じさせていただいています(笑)。“できる男”を自分でも精いっぱい、監督に乗せられて演じました。そんな“できる名探偵ぶり”を見ていただきたいです。

作品全体としては、レッド同士のやり取りがやはり面白く、大きな見どころだと思います。この映画で「ルパパト」の物語が大きく動くと思うので、節目になるようなこの作品、ぜひ劇場でご覧いただきたいです。

また、何といってもアクションがかっこいい作品です。アクションシーンを映像で初めて見た時には、「すげえな!」と思わず見入ってしまいました。監督も、今までになかったようなアングルやカットにもチャレンジしているとおっしゃっていたので、より一層かっこいい戦闘シーンになっていると思います。戦闘シーンって男子はやはりワクワクするので、かっこいい戦いが繰り広げられている点も注目です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック