【インドネシア】日通現法、スマランに物流拠点を開設

 日本通運は30日、インドネシア法人の一つ、NEXロジスティクスインドネシアが中ジャワ州スマランに新しい物流センター「スマランロジスティクスセンター」を開設したと発表した。2月1日から営業を開始する。
 スマラン郊外のチャンディ工業団地内に設立した。敷地面積は4,480平方メートルで、うち倉庫面積は3,108平方メートル。常温倉庫に高床ホームを設置している。24時間警備や倉庫内監視カメラも完備する。同社の広報担当者によると、日本通運グループのインドネシア拠点として15カ所目、NEXロジスティクスインドネシアの物流拠点として2カ所目になる。
 スマランは労働力が確保しやすいことから、日系企業が20社以上進出しているなど、数多くのグローバル企業が周辺に展開している。日本通運は同市がタンジュンウマス港に近く、西のジャカルタから東のスラバヤまでの幹線道路上に位置しているなどの地の利の良さから選んだ。ジャワ島中部の物流拠点としてニーズが期待できると説明した。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック