嵐・大野主演「鍵の-」SPで2年ぶり復活

 嵐のリーダー、大野智(32)が主演して人気を博した昨年4月期放送のフジテレビ系「鍵のかかった部屋」が来年、スペシャルドラマで帰ってくることが15日、分かった。鍵&錠前マニアの主人公が密室事件を解決していく物語で、大野のメガネ姿と「密室は破れました」の決めゼリフが話題に。約2年ぶりの復活に大野は「どんなトリックが待ち構えているのかワクワクします」と気合が入っている。

 大野がフジ系連ドラ初出演にして月9主演を務めた話題作が、「鍵のかかった部屋SP」として戻ってくる。

 全エピソードを密室に特化した同作は、昨年度のテレビ各誌の大賞を総ナメにし、米国の「US国際フィルム&ビデオ祭2013」でもエンターテインメント部門で金賞に輝くなど、国内外で高い評価を得た。

 作家、貴志祐介氏の同名小説が原作で、大野は大手警備会社社員・榎本径(けい)役を好演。鍵や錠前の研究が大好きで、事件解決に関心はないが、密室を破ることには恐るべき執念を燃やし、結果的に難解な事件を解決に導く一風変わったヒーローだ。

 普段は無口で無表情なのに、セキュリティーのことになると一気に多弁になる特異な役どころを柔和なイメージの大野が演じたことに加え、「密室は破れました」の決めゼリフも話題になった。

 第1話の視聴率でいきなり18・3%を記録し、放送を30分拡大した最終回も17・5%、全話平均でも16%を記録した。放送終了直後から続編を望む声が数多く同局に届き、わずか1年3カ月で復活が決まった。

 SPドラマは貴志氏の新作がベース。11月12日発売の月刊文芸誌「小説野生時代」(角川書店)に掲載予定の「鏡の国の殺人」に、未発表作「二つの密室(仮)」のストーリーが加わり、スペシャルならではの豪華な物語になるという。

 クランクインはこれからで、大野は「あの榎本がみなさんの前に帰ってきます! 今回はどんな強敵が現れるのか、そしてどんなトリックが待ち構えているのかワクワクします。久しぶりの密室事件、しっかりと謎が解けるよう、必死でセリフを覚えます(笑)」と意気込んでいる。

 どのようにして難解な密室事件を解き明かすのか、会心の「密室は破れました」をファンは待っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック