2020年東京五輪決定受け、警視庁が選手村予定地でテロ想定訓練

2020年のオリンピック・パラリンピックの東京開催決定を受け、警視庁は、選手村の建設予定地で、国際テロを想定した訓練を実施した。
訓練は、オリンピックの選手村が建設される中央区晴海地区で行われ、オリンピックに反対するテログループが、爆発物を仕掛けたとの設定で、爆発物を嗅ぎ分ける警備犬や、機動隊の爆発物処理部隊が参加した。
訓練では、エックス線で爆発物の構造を外から解析する機材や、爆発物運搬用の特殊機材など、最新の装備が投入された。
一方、警察庁は、オリンピックに向けて、他省庁や関係団体などとの情報を共有するための連絡室を設置し、今後、警備態勢や交通渋滞の対策などに取り組む方針。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック