東京国体9月28日開幕 警視庁、テロ対策会議 五輪想定

東京国体が今月28日~10月8日の日程で開催されるのを前に、警視庁は10日、テロ総合対策本部会議を開いた。小谷渉副総監は2020年に開催が決まった東京五輪を想定し、「長期的展望に立ち、(テロへの)取り組みを着実に推進してほしい」と訓示した。

 会議には、警備・公安部門の幹部ら約120人が出席。小谷副総監は東京五輪のほか、今年4月に米国でボストンマラソンを狙ったテロが起きたことを挙げ、「多くの人が集まるスポーツイベントはテロの標的になることを強く認識する必要がある」と指摘した。

 28日には反皇室闘争を掲げる団体が開会式が行われる「味の素スタジアム」(東京都調布市)周辺で、国体に反対するデモ活動を予定している。小谷副総監は「インターネットで不特定多数に参加を呼びかけ、想定外の事態につながる可能性もある」と強調した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック