イベントの多いスタジアムや球場の近くは、住みやすい?住みにくい?

日本には、各地にスタジアムやドームが点在している。関東だけでも、東京ドーム、味の素スタジアム、マリンスタジアム、日産スタジアム、などなど…。サッカーや野球の試合が行われるほか、音楽イベントやフリーマーケットの会場になることも多く、イベント開催時は多くの人でにぎわう。

そんなスタジアム周辺で生活するのは、なんだかワクワクするような気もするが、観客による騒音などの心配もある。そこで、実際のところを、日産スタジアムから徒歩10分ほどのところに住んでいるTさんに伺った。
「最寄駅である新横浜駅の利便性や、公園など緑が豊富な点が気に入り、マンションを購入しました。かれこれ13年ほど住んでいます。自分が横浜Fマリノスのサポーターなので、少なくとも日産スタジアム開催のホームゲーム14回+α(年間)と、コンサートに年1、2回、フリーマーケットにも時々足を運びます。また、敷地内に公園やプールがあるので、こちらもよく利用します」

と、かなり積極的にスタジアムとの関わりを持っている。スタジアムが近いことによるメリットについて伺うと、
「好きなクラブの試合がすぐ目の前で見られる、というのが何よりの魅力です。ほぼ毎週サッカー漬けですね。音楽イベントも『どうせ近いのだから行かねば損』という気持ちになり、年何回か参加しています。遅い時間にイベントが終わってもすぐに帰宅できるのは便利です」

とのこと。逆にデメリットに関しては、
「ライブ前後の渋滞には迷惑することがあります。特に終了後の混雑は大変なものです。対策として、事前に公演時間を調べておき、その前後の時間の移動は避けるよう心がけています。また、ゴミについては思ったほど迷惑していません。イベントごとの客層にもよりますが、ゴミを拾って帰ってくれる人もいるぐらいです。さらに、周辺事業所の方々がボランティアで掃除をして、とても綺麗にしてくれています。音がうるさいのでは、という声もありますが、それほど気になりませんし、むしろアーティストによっては楽しめたりしますよ」

と、捉え方や対応の仕方にもよるが、あまりデメリットはなさそうだ。また、Tさんはスタジアム近くに住んでいるからこそのエピソードも語ってくれた。
「2002年サッカーワールドカップの時は『フーリガンが来るかも』とずいぶん騒動になりました。各マンションはべニアでバリケードを作り、警備員を雇ったところまでありましたが、結局そんな騒ぎはなかったです。今思えば滑稽ですね。それから、実はスタジアムのスタッフさんは近隣住民向けの企画を色々考えてくれていて、正月の餅つきやしめ縄づくりは毎年スタジアムのピッチサイドでやっています。凧揚げ大会やコマ回し大会もありますよ」

スタジアムという特殊な環境を抱える街だからこそ、苦労することも、楽しめる要素もある。しかし、デメリットをいかに受け入れるか、そしてプラスに変えられるかで、その生活を満喫できるかどうかが決まりそうだ。

SUUMOジャーナルピックアップ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック