試験によく出る「派遣禁止業務」とその例外

私は2005年3月から2008年5月まで、NHK「地球ラジオ」の番組ディレクターを務めていました。その中でも思い出に残るのは、海外の日本人学校や補習校に通う子供たちの作文を紹介するコーナー。日本に住む祖父母、親戚、友達が楽しみにしているのはもちろん、毎週各国に住む子どもたちの生活ぶりが、子どもたちの声を通して聴けるのがリスナーに好評でした。

 その中で2006年に米国・カリフォルニア州のサンディエゴ補習授業校の紹介をしたときに、作文を読んでもらったのが当時12歳だった中井アンドリュー信介くんです。出演できるのは2人だけだったため、補習校の職員室でじゃんけんをして代表を決めたそうです。放送後に、広島県の祖父母のうちに「今ラジオで作文を読んだのはお孫さんでしょ」という電話が次々とかかってきて反響に驚いたとのこと。そんなご縁で、番組にもアンディくんというペンネームでお便りをくれるようになりました。

■ 青ヶ島とサンディエゴの草の根交流

 それから2年が経過し2008年の初めに、たまたま伊豆諸島最南端の島の青ヶ島中学校の生徒から「世界の中学生はどんな生活をしているのか教えてください」というお便りが番組に届きます。これはアンディくんに米国の中学生にことを聞くのがベストと頼んでみました。

 彼は学校生活の様子を写真撮影して番組に投稿してくれ、なんと自分が普段食べているお菓子や、教科書、学校案内のパンフレットなどを、直接、青ヶ島中学に送ってくれました。それに感激した青ヶ島中学の生徒たちが英語の授業の一環で英文の手紙を作成し、青ヶ島名産の「ひんぎゃの塩」と一緒に送るなど、交流が始まります。

 その後、交流はどんどん拡大し、青ヶ島中学の学校新聞にはアンディくんのコーナーが作られ、彼が「地球ラジオ」に投稿した内容やその感想が掲載されるようになったとのことです。ひとつのお便りをきっかけにして、草の根で広がる国際交流に私も一担当者としてとても感動しました。

地球ラジオもリニューアル

それからさらに5年が経過し、「地球ラジオ」も今年4月から番組がリニューアルされました。その直前に長年キャスターを務めた後藤繁榮氏が3月で番組を卒業するという知らせを聞き、私もNHKスタジオパークで行われた公開放送に駆け付けました。

アンディくんもそのときに出演していましたが、なんと18歳になり、9月からは大学に入学する予定で、歴史やコンピュータサイエンスを勉強したいとのこと。声もすっかり大人っぽくなり、後藤キャスターに「長い間、お疲れ様でした」としっかりとメッセージを送っているのにびっくり。時の流れは早いものです。

放送番組等演出の業務

ところで、労働者派遣法を勉強すると、「放送番組等演出の業務」が例外規定に登場します。労働者派遣は原則、派遣可能期間が3年以内に限られていますが、例外的に政令で定める26の専門的業務には派遣期間の制限がないとされており、この26業務に含まれているのです。

1985年に制定、86年に施行された労働者派遣法では、もともと13業務にのみ労働者派遣が認められていましたが、それが26業務に拡大。代表的な業務としては「ソフトウエア開発の業務」「機械設計の業務」「事務用機器操作の業務」「通訳、翻訳、速記の業務」「秘書の業務」などが挙げられます。

その後、1999年に労働者派遣法が改正され、専門的業務以外の業務についても原則労働者派遣が自由化されました。しかし、労働者派遣の精神には一時的・臨時的業務という側面があり、自由化されたといっても受け入れ期間には制限が設けられているのです。

試験では現在も自由化されていない業務、すなわち派遣禁止業務についてよく問われます。港湾運送業務、建設業務、警備業務の3業務と、医療関係業務です。ただし、医療関係業務には紹介予定派遣をする場合などの例外があります。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とはあらかじめ雇用を前提として派遣を受け入れる変則の労働者派遣です。紹介予定派遣では、6カ箇月を超えて同一の派遣労働者を受け入れてはならないため、派遣は6カ月で終了し、その後は派遣先が直接雇用するという流れになります。

労働者派遣法26条7項では「労働者派遣(紹介予定派遣を除く)の役務の提供を受けようとする者は、労働者派遣契約の締結に際し、当該労働者派遣契約に基づく労働者派遣に係る派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならない」と規定されています。

この条文の意味するところは、通常の派遣では事前の面接、履歴書を送付させることなど、実質的に派遣先が労働者を特定する行為を禁止するということですが、紹介予定派遣は例外的に認められているということになります。

改正労働者派遣法の施行

なお、2012年10月から日雇派遣を禁止することなどを規定した、改正労働者派遣法が施行されました。ここでも「ソフトウエア開発の業務」など17業務と「案内・受付業務」は例外として日雇派遣が許容されます。


社労士:翠洋
前述の26業務とも重複しますが、「放送番組等演出の業務」は含まれていません。さらに細かいのは、26業務の「案内・受付、駐車場管理等の業務」のうち、「駐車場管理等の業務」は日雇派遣の例外には含まれない点で、これを考慮して17.5業務などと呼ぶ人もいます。

また、これら専門的業務以外にも「60歳以上の者」「雇用保険の適用を受けない学生(いわゆる昼間学生)」「副業として従事する者(生業収入が500万円以上)」「主たる生計者以外の者(世帯収入が500万円以上)」などが例外として日雇派遣が可能とされていますので、押さえておきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック