ビルの地震被害状況を即座に判定、森ビルが独自システム開発

森ビルはこのほど、地震発生時に建物の被害状況を即座に推測する独自システム「e―Daps」を開発し、六本木ヒルズ森タワー(東京都港区)で運用を始めた。適切な初動対応に生かす。順次、同社が運営する大型ビルに導入していく。

 同システムは、建物の数フロアごとに設置している地震計測のデータと、建物構造特性を基に、フロアごとの「揺れの加速度」と「建物変形」をリアルタイムに自動解析。建物内の防災センターに設置したモニターに、地震の波形や建物の揺れ幅、躯体へのダメージレベル、什器転倒の可能性などを、グラフと文章で分かりやすく表示する。あわせて音声アナウンスも行う。構造の専門家ではない警備員や建物管理担当者でも、状況を即座に把握し、テナントに説明できる。

 今回のシステムには、長周期地震動の成分を検知する機能を持たせた。地震の初期段階で長周期地震動の可能性を見極め、揺れが大きくなる前に警告する。

 今後は、「アークヒルズ仙石山森タワー」や来年開業予定の「虎ノ門ヒルズ」といった同社が運営する大型オフィスビル、高層住宅にも順次設置していく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック