アマチュアもカンフーサッカー!カード提示の審判に逆ギレ、スパイクで頭を踏む―北京市

2013年6月14日、新京報は記事「北京市審判、カードを出した後にスパイクで頭を踏まれる」を掲載した。中国サッカーといえばラフプレーが有名、カンフーサッカーとやゆされるゆえんだが、どうやらアマチュア選手もカンフーを身に付けていたようだ。

【その他の写真】

12日午前、北京市の朝陽体育センターで開催されていたアマチュアのフットサル大会で暴行事件が起きた。試合中、審判がある選手のプレーにカードを出したところ、選手たちが激怒。審判を追い掛け、押し倒し、頭を踏みつけたという。

警備員が駆け付けた時には審判は目や鼻から血を流し、地面に横たわりながらけいれんしていた。直ちに大会は中止され、審判は病院に運ばれた。暴行を加えたチームは現場から立ち去ったと言うが、出場選手名簿が残っており、身元は分かっている。13日、警察は調査を開始している。(翻訳・編集/KT)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック