刃物で襲われ、1人死亡=「テロの可能性」と首相―英

【ロンドン時事】ロンドン東部のウーリッチで22日午後、通行中の男性が大型の刃物を持った男2人に襲われ、死亡した。キャメロン英首相は「テロの可能性が高い」と言明した。政府当局者はイスラム教徒による犯行とみて捜査していることを明らかにした。
 報道によると、襲われた男性は兵士とされる。事件現場の近くには兵舎があるが、当局は被害者の身元について確認していない。容疑者は犯行時、「戦いを挑む相手とは戦う必要がある。目には目をだ」と叫んだとされる。
 事件を受けて、メイ内相が主催する治安会議が緊急招集され、ロンドン市内にある兵舎の警備強化などが決められた。23日にはキャメロン首相も出席し、治安会議が再び開かれるという。
 容疑者2人は現場で、駆け付けた武装警察の発砲を受けて負傷。市内の病院に運ばれた。1人は重傷と伝えられる。
 事件の背景は明らかになっていないが、英国はイラク戦争(2003年)に参戦したほか、アフガニスタンにも兵士を駐留させている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン メガネ

    Excerpt: 刃物で襲われ、1人死亡=「テロの可能性」と首相―英 警備資料/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-06 00:03