スイスサッカー場にテン侵入、DFにかみつき「ドリブル突破」

[ベルン 10日 ロイター] 10日に行われたサッカーのスイス1部、トゥーン対チューリヒ戦で、試合中にマツテンがピッチ内に侵入し、捕まえようとした選手をかむというハプニングがあった。

ピッチ内の選手が困惑の表情を見せる中、チューリヒのDFロリス・ベニート選手は、珍客のマツテンを追いかけ、ラグビーのタックルで捕獲に成功。ただその際、指をかまれてしまった。

その後、マツテンはまた逃げ出したが、チューリヒのGKダビド・ダ・コスタ選手に捕まえられて、警備員に引き渡された。ベニート選手はハーフタイム中に地元テレビに対し、「後から考えると、少し馬鹿だった。どんな病気を持っているか分からないからね。痛かったよ」とコメントした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック