RGバスツアー、前代未聞マネージャー43人が都内を闊歩

昨日3月9日、レイザーラモンRGのバスツアー「参加者全員が東京吉本のマネージャーになりきってRGと一緒にDVDをプロモーションしてまわるミステリーバスツアー」が、東京都内で行われた。

RGは3月6日に待望の初ソロDVD「GREATEST HITS<グレイテスト・ヒッツ>」を発売。これを記念して、これまでRGが行ってきたユニークなプロモーションと人気のバスツアーを組み合わせた、タイトル通りの企画が登場した。今回も定員の43席は即完売。ラッキーな43人はこの日1日限りのRGマネージャーとなるため、スーツ姿で参加した人たちも多く見受けられた。

この日のRGは「成田空港に帰国した中田ヒデ」姿というスター風ないでたち。まずは、通りかかったルミネで売っているRGの大好物「DEAN & DELUCAのカレーパン」より、カレーパンあるあるを浜田省吾「MONEY」にのせて「手が汚れる」と歌い上げ、マネージャー陣の士気を高めた。

最初の目的地、TBSの赤坂サカスでは、警備員に「スターが来たのでパニックになるかもしれない」と警戒されたようで、早々に退散。近くの神社では、なぜかエスカレーターに乗る姿が良く似合うということで、熱心なマネージャー陣による激写タイムがスタートしてしまった。バスに戻ると、普段は言わないという「マネージャー、お茶」と、付近のマネージャーに上から言ってみるスターRG。その後も、マネージャー陣は、マイク、歌本の準備など、細やかにスターをフォローしていた。

続いて向かったMXテレビでは、玉袋筋太郎とライムスター宇多丸出演の「5時に夢中サタデー!」の生放送に大胆突撃。スタジオのバックがガラス張りになっているということで、生放送中に写り込もうという作戦に出た。RGと、パネルやDVDを持ったマネージャー陣はガラスにびっしりへばりつき、ワンセグを見ることができるマネージャー陣は、彼らに「今映ってます!」「もっと右!」「左!左!」など指示し、まさに「志村後ろ後ろ」状態に。全員必死の協力で、見事数回写り込むことができ、RGも「すげーチームワーク!」とご満悦。最後に感謝の意味を込めてMXあるあるを1986オメガトライブ「君は1000%」で「アニメの再放送のセンスがいい」と歌って去った。

日本テレビに到着すると、偶然、宮崎駿デザイン日テレ大時計12時の演奏時間となり、壮大な仕掛け時計を堪能したRGは負けじと日本テレビあるあるをTUBE「シーズン・イン・ザ・サン」にのせて、「長時間の番組作りがち」と熱唱。フジテレビでは、エスカレーターシャッターチャンスを存分に楽しんだ後、石井明美「CHA-CHA-CHA」にのせてフジテレビあるある「若手の番組作りがち」を歌い残して次の現場へと急いだ。

時間の関係でRGがお世話になっているテレビ局数局にあるあるをプレゼントした後は、車中で、ロケ弁で有名な喜山飯店の弁当をかき込み次の現場へ。ここからはいよいよ本格プロモーションということで、あるあるジャンケンで選ばれた5人の精鋭マネージャーがタワーレコード池袋店訪問に同行。パネルを持って池袋駅前を歩き、タワレコでチラシを配り、展示の様子をツイートするという業務を担った。

続いては全員で新宿に降り立ち、別の精鋭5人が同じくタワーレコード新宿店に向かおうとしたところ、隣接するルミネに向かうため、偶然通りかかったソラシド水口。RGが「誰か来たよ!」とはやし立て、一斉にカメラを向けたところ、水口はまんざらでもない表情ですぐさまピースサインで応えたうえ、猫のモノマネもサービスした。

マネージャーとして最後の仕事はタワーレコード渋谷店イベント「渋谷の中心であるあるを叫ぶ ~誰か、お題をください~」の立ち合い。200人を超える人が集まった会場は熱気にあふれており、RGは「俺をディスったら周りにいるマネージャーたちが黙ってない」と宣言した。5曲のあるある、その場であるあるを書いたTシャツのプレゼント抽選会、購入特典のチェキ撮影会を大盛り上がりで終え、一行は最後の目的地下北沢へ。バスツアーで金八ごっこを生み出したRGが次に考えたのは、ヴィレッジヴァンガード下北沢店前での「モテキ」ごっこ。森山未來ならぬRGが、長澤まさみならぬツアー客に「なんだ、カッコイイじゃん!」と声をかけてもらうというルールで、そのまま1人1人と握手し解散となった。

「歌詞とあるあるの出会いを大切にしていきたい」というRGはこのバスツアーでも、ラッツ&スター「め組のひと」のサンプラザ中野くんあるある「や・せ・す・ぎ、めっ!」、稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」の「近すぎて見えないあるあるは 離れてみればわかるらしい」、GLAY「HOWEVER」の「絶え間なく注ぐ愛の名を あるあると呼ぶことができたなら」など、名フレーズを続々発見。この手法は、この日ゲスト出演した「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)でもオードリーが抱腹絶倒していた。

オードリーは、山崎まさよし「One More Time, One More Chance」で失恋あるあるをリクエストしたところ、「向いのホーム 路地裏の窓 こんなとこにあるはずもないのに」と、まさかの場所であるあるを探していたことを知り、「失恋したらいつもよりも風呂が長くなりがち」というあるあるはもとより、「路地裏にないんですね?」と、大いに納得していた。

この日の模様は、RGとツアー客、イベント客らがTwitterのハッシュタグ#RG0309でツイート。車中のあるあるや写真も数多く掲載されているので、行けなかった人はぜひチェックしてみよう。なお、この日行われた「ジュリアルTOKYO ~クラブであるある流すからボディコンワンレンでおいでよ」の模様は追ってレポートする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック