交通誘導員に有罪判決 川崎の男児死亡事故 地裁支部

川崎市麻生区で男児(当時3)が死亡した交通事故を巡り、誤った交通誘導をしたとして業務上過失致死罪に問われた工事現場の警備員の女(48)に対する判決が4日、横浜地裁川崎支部であった。荒川英明裁判官は女に禁錮1年執行猶予4年(求刑禁錮1年)を言い渡した。

 交通事故に絡む訴訟に詳しい高山俊吉弁護士は「事故は、工事がなくても起きえた。誘導員の罪が問われるケースではなく、量刑も重すぎる」と話している。

 判決によると、昨年1月13日午前10時ごろ、川崎市麻生区上麻生2丁目の信号機のない交差点で、横断歩道を母親と渡っていた男児が右折してきた乗用車にひかれ、死亡した。近くで水道工事があり、女が交通誘導をしていたが、乗用車に止まるよう明確な合図を送らなかった。

 荒川裁判官は、誘導員と運転手との過失の競合で事故が起きたと認定。自動車運転過失致死罪に問われた運転手には禁錮1年8カ月執行猶予5年(求刑禁錮1年8カ月)を言い渡した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 交通誘導員 業務上過失致死罪により有罪判決

    Excerpt:  昨年1月、神奈川県川崎市において道路上の工事現場において男児(3歳児)が死亡する事故がありました。  この事故おいて、運転者のドライバーだけでなく、  交通誘導業務に当っていた警備員が業.. Weblog: 警備員日記 racked: 2013-03-08 12:37