22日開業「隅田川花火」並みの厳戒態勢 

スカイツリーの開業で予想される交通渋滞や違法駐車、混雑による歩行者事故に備えて、警察や自治体の対策も本格化している。20万人の来場が見込まれる22日の開業を厳戒態勢で迎える。

 警視庁本所署は22日、隅田川花火大会での警備人員とほぼ同数の約150人態勢で警備に当たる。観光客らが滞留し11人が死亡した平成13年の兵庫・明石歩道橋事故のようなケースを防ぐためだ。ツリー南側の区域(長さ約450メートル、幅約50メートル)は当日、車両通行止めにして違法駐車を防ぎ、歩行者の安全を確保する。

 墨田区は「スカイツリー開業対策本部」を設置。職員4人が情報収集のため映像を撮影。区役所内の防災センターで中継映像を監視する。歩行者専用の「おしなり橋」など3本の橋では警備員が交通整理に当たる。

 スカイツリーの駐車場は918台分。運営会社は「満車は確実」とみる。周辺に100人の誘導員を配置して、空き状況を知らせるが、公共交通機関での来場を呼びかけている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック