【アフリカ発!Breaking News】警備員が強盗。警察官が女性暴行。もう誰も信じられない!

セキュリティ会社の社員が強盗を働いた。宝石会社に堂々と入り込むと、ダイヤモンドなどの宝石、およそ2300万ランド(約2億4000万円)相当を盗んでいった。

南アフリカのヨハネスブルグ近く、ベッドフォードビューというところにある宝石会社に強盗が入ったのはイースターホリデーが始まった4月6日金曜日。強盗は3人組で、南アフリカで最も知られているセキュリティ会社『ADT』の制服を着ていた。
被害報告によると、4月6日夜8時半頃、強盗は『ADT』のマークがついている車で宝石会社の従業員が帰宅したのを見届けてからやってきた。会社先にはゲートがあり警備員が見張っているのだが、ADTのスタッフだと思いすんなりとゲートは開かれた。強盗らは警備員を紐で縛ると地下倉庫に閉じ込め、宝石会社事務所へと入っていった。非常に手馴れており、宝石が保管されている部屋のゲートやドアを壊し、警報装置を解除すると、監視カメラの録画装置を壊して金庫までたどり着いた。
1トンもある鋼鉄で補強されていた金庫を、強盗らはなんと6~8時間かけてグラインダーで穴を開けると、ダイヤモンドをメインに宝石等の貴重品総額2300万ランドを盗んだ。
会社のオーナーは「最先端の警備会社であるはずのADTが、強盗をするとは」とADTに対して訴訟を起こす構えを見せている。ADTのほうは真相を究明中だという。
地下に閉じ込められた警備員は、強盗のうちの1人が実際にADTで働いている人物であると証言した。警察では、実際のADTスタッフが強盗を働いたもの、ADTの制服を盗んで犯行をしたものの両方の線で捜査を進めている。
先日も、車に乗ろうとしている女性を男2人が襲い、女性が警察署に届け出たところ、そこにいた警察官こそが実は女性を襲った男だったという信じられないような事件も発生している。
治安を守るべきはずの仕事をしている人が、その職権を乱用している事件が増えている。南アフリカの悲しい現状だ。
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック