ピカソなど絵画100億円相当窃盗、3人逮捕 パリ

パリ市立近代美術館から昨年5月、ピカソやマチスなどの絵画5点総額1億3千万ドル(約100億円)相当が盗まれた事件で、3人が逮捕されていたことが1日、明らかになった。ロイター通信などが伝えた。作品はまだ発見されていない。

 3人のうち1人は窃盗に関与し、残る2人は盗まれた作品の処分に関わったとされる。3人は9月16日に逮捕されていた。

 事件で被害にあったのは、ピカソの「鳩と小さなえんどう豆」、マチスの「田園風景」のほか、ブラック、レジェ、モディリアニの絵画各1点。

 事件は昨年5月19日夜に発生した。犯人らは美術館の門の錠を壊し、窓ガラスを割って侵入。警備員に気付かれることもなく、短時間のうちに絵画を盗み出した。当時、一部の警報機は故障中で修理を待っているところだった。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック