開港の証人「神奈川台場」の石垣、マンション計画変更し一部保存へ/横浜

 横浜市神奈川区のマンション建設現場から見つかった横浜開港期に築造された砲台「神奈川台場」の石垣について、事業者側は30日までに、マンションの設計を変更し、一部を現場保存することを決めた。一室を「展示資料館」として整備する。横浜市教育委員会によると、神奈川台場の本格的な石垣保存は初めてという。

 石垣が保存されるのは、住宅・商業施設「横浜コットンハーバー」の一角に建設中の6階建てマンション。ことし6月に着工後、地下から埋め立てられていた神奈川台場東側の石垣部分(長さ約17メートル、高さ約2・5メートル)が出土していた。

 事業者側は、保存に向け設計を変更。市教委などの調査で台場築造当時の石垣部分は長さ4・5メートル程度と判明したことから、この石垣の上部に当たる1階商業施設部分の床約9平方メートル分を撤去し、1階から見下ろして見学する「展示資料館」として整備。市民に開放することにした。

 同台場の石垣は、一部が近くの公園に復元されているほか、当時の石垣も数カ所で露出しているが、いずれも1~3段程度。今回保存される石垣は5段ほどあり、台場の存在を示す本格的なものが保存されるのは初めてとなる。

 市教委は「民間業者が市民の財産として自主的に残してくれることになり、大変ありがたい。これを先例として、今後の神奈川台場の保存につなげていく。資料館への資料提供の要請があれば協力したい」と話す。

 神奈川台場の保存活動を続けてきた市民団体「神奈川地域活性化推進協会」の野渡圭一専務理事は「台場を守り、観光資源として活用してほしい」と期待している。

 ◆神奈川台場 江戸幕府の命令で築造、勝海舟の設計で万延元(1860)年に完成した砲台。面積は約2万6千平方メートルと同時期に造られた中で最大規模という。警備100+ 件拠点として機能したほか、明治維新後は横浜を訪れる際の国旗掲揚や儀礼交換の祝砲発射地となったが、京浜臨海部の開発で周辺とともに埋め立てられていた。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック