車18台ガラス割られる 南風原

南風原町宮平の町総合保健福祉防災センター「ちむぐくる館」で25日未明、同館や駐車場に止めてあった町の公用車など車両18台の窓ガラスが割られる被害があった。男1人が棒のようなもので車をたたいていたという目撃情報があり、与那原署が器物損壊事件として捜査を進めている。町社会福祉協議会によると、22日にも軽自動車1台の後部ガラスが割られる被害があり、警察に届け出ていたという。

 建物を管理する町は、応急処置を施し、26日以降も通常通り同館を開ける。公用車や町社協の業務車両は修理業者の代車などを使い、「業務に支障をきたさないように対応する」としている。

 与那原署の調べによると、25日午前4時45分~同50分の間、常駐の警備員が異音に気付き駐車場を確認したところ、中肉で黒っぽい服を着けた男が1人で棒のようなものを振り回し、車をたたいていたため、通報した。警備員は「(男は)成人男性のようだった」と話し、現場近くに、1メートル以上の角材や鉄パイプが放置されていた。同館に侵入されたり、金品などが奪われた形跡は無いという。

 町によると、同館の健康増進室やホール、備蓄倉庫、トイレの窓ガラスなど計8枚が割られた。駐車場では町の公用車5台と町社協の車両13台の前後部ガラスやサイドミラーも割られたという。

 大半が軽自動車で町や社協職員、保健師らの巡回や配食サービスの配達で使い、主にお年寄りが使うマイクロバスやリフト車の被害は無かった。

 国吉真章副町長は「いたずらにしては度が過ぎる。悪質で怖さも感じる。事件が繰り返される懸念もあり、職員に被害が及んだら大変だ」と早急に犯人が逮捕されるよう望んだ。

 ちむぐくる館は2010年9月、町宮平に開館。母子室や調理実習室、健康器具が置かれた健康増進室、ホールなどがあり、町保健福祉課と町社会福祉協議会が入所している。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック