東京・八王子市のスーパーで警備員男性を包丁で刺し殺害 無職の55歳男逮捕

東京・八王子市のスーパーで、警備員の男性を包丁で刺して殺害したとして、無職の55歳の男が警視庁に逮捕された。男は10年前に、警察官を刃物で切りつけて実刑判決を受け、2011年4月に刑務所から出所したばかりだった。
3連休最終日の25日、男は白昼堂々と、スーパーの前で犯行に及んだ。
男は、男性警備員を刺したあと、血のついた包丁を持ったまま道路を渡り、300メートル先まで堂々と歩いていったところを確保されたという。
目撃者は「(どんな様子で刺していた?)馬乗りになって。何回も刺して」と話した。
殺人未遂などの現行犯で逮捕された無職・坂本正利容疑者(55)は、25日正午前、八王子市大横町のスーパー「エコス」で買い物をしたあと、60代の警備員の男性を複数回にわたって包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれていて、血のついた包丁を持って付近をうろついているところを、警視庁の捜査員に逮捕された。
男性は病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。
坂本容疑者は10年前にも、警察官を刃物で切りつけた殺人未遂の罪で実刑判決を受けていて、2011年4月に刑務所から出所したばかりだった。
その後は、大阪や福岡などの交番で、警察官に「殺すぞ」などと脅迫していたとみられ、警視庁などが警戒していた。
警視庁は今後、殺人容疑に切り替えて、動機などを追及する方針。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック