JR北海道社長の遺体か 小樽沖合 釣り人が発見

18日午前7時50分ごろ、小樽市の約1キロ沖合に浮いている男性の遺体を釣り人が見つけ、小樽海上保安部に通報した。死後数日とみられ、道警は、書き置きを残して12日に失踪したJR北海道の中島尚俊社長(64)の可能性があるとみて、身元を調べている。

 道警や海保によると、男性に目立った外傷はなく、水死とみられる。身長は170~180センチで、ベージュのシャツに紺のズボン姿だった。

 中島社長は、札幌市東区の自宅に「仕事で迷惑を掛けた」と記した書き置きを残し、12日朝から行方が分からなくなった。中島社長の携帯電話は電源が切れた状態で、石狩市の海岸で車が見つかり、道警やJR社員らが付近を捜索していた。

 中島社長は11日午前中、本社に出社し約1時間、社長室にいたことを警備員が確認。同日深夜には自室にいることを妻が確認した。社長は12日、札幌市内の駅で職場表彰を行った後、社内会議に出席する予定だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック