輸送車襲撃 事件前現場近く不審な男

ポンプ小屋 バイク乗りマスク姿
 川越市のJAいるま野田面沢(たのもざわ)支店で、現金輸送車が狙われ、男性警備員が撃たれ重傷を負った強盗傷害事件で、事件前に支店から約50メートル離れた水田用のポンプ小屋近くで、犯人とみられる男と特徴がよく似た不審人物が住民らに目撃されていたことが27日、分かった。

 現場近くの住民によると、人物が目撃されたのは、事件発生の約10分前の26日午前9時10分頃。道路から2~3メートル離れ、バイクにまたがった男が小屋の陰に隠れるようにしていたという。ヘルメットにサングラス、大きな白いマスク姿だった。

 目撃した40歳代の男性は「マスクやサングラスをしていて明らかに不自然だった」と話した。

 同支店内の防犯カメラには、男が事件発生の数分前から現金自動預け払い機(ATM)の利用客の列に紛れたり、ガラス越しに店外の様子をのぞいたりする姿が映っていた。男は、住民がポンプ小屋近くで目撃した不審人物と格好が似ていて、両手に手袋をはめ、段ボールを抱えていたという。

 捜査関係者によると、現金輸送車は現金約4000万円を積んでいた。撃たれた警備員が所属する日本通運北関東警送支店によると、現金輸送車は平日、JAいるま野本店と2支店を回り、配送時間や順番、ルートを不定期に変えるなどの防犯対策を取っていたが、男は同支店に到着する時間に合わせ、現場で待ち伏せしていたとみられる。

 男は逃走用に盗難バイクを使ったとみられ、爆発物入りと見せかけた段ボールを現場に残すなどしており、県警は、男が周到な計画を立てた上で犯行に及んだとみて調べている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック